本文へスキップ

防蟻EPS断熱材 パフォームガード

TEL. 03-3556-5195

〒102-0075東京都千代田区三番町7-1 朝日三番町プラザ2F

パフォームガード 取扱い注意事項

■火気に対する注意
微小火源があれば燃え続けますが火源を取り除けば、単独では燃焼を継続しない自己消化性を持っています。運送、保管、施工に際しては、火気に十分注意し、火気に触れないよう注意してください。

 ■加工の際の注意
切断する際に粉塵が発生しますので、作業者が吸い込まないよう、防塵マスク、集塵付き鋸を使用するなどの十分な配慮を行ってください。また、多量の切断作業を行う場合は、十分な換気をとり粉塵量などに注意してください。

 ■割れ踏み抜き注意
水平部位に施工する際は、作業時の踏み抜きには十分注意し、脚立の脚等、集中荷重のかかる部分はあて板で保護してください。

 ■使用環境での注意
使用温度は80℃以下です。温水配管回り等に施工する場合は、使用温度を確認してください。80℃以上を超えると変形収縮する場合がありますので注意して下さい。

 ■紫外線の注意
紫外線に対して劣化が起こるため、保管に当たっては養生シートで覆い直射日光を避け、施工後はすみやかに仕上げ等を行ってください。

 ■耐薬品性の注意
有機溶剤(アルコール類を除く)、石油類には侵され、注意が必要、一般的には接着剤は水系及び酢酸ビニール系、ゴム系、エポキシ系、セメントモルタル系、アスファルト系接着剤が使用でき、防腐剤は一般的に水系及びエマルジョン系は使用できます。

 ■その他注意事項
1.粉塵が目に入った場合はこすらないで流水で洗浄してください。また吸引した場合、うがい等を行い、粉塵を洗い流して下さい。
2.廃棄の際には、法令に従って処理して下さい。
3.昆虫、動物等によって損傷を受ける事がありますが、栄養剤や餌にはなりません。

4.吸水性は極めて低いですが地中に埋設する際にモルタル保護をしていない部分には防水シート等、防水被覆をして下さい。

上記注意事項は、通常の取り扱いを対象にしたものです。特殊な取り扱いをする場合は用途、用法に適した安全対策を実施したうえでご利用ください



パフォームガード 特徴
パフォームガード 物性・規格サイズ
パフォームガード 厚み表/省エネ等級3
パフォームガード 厚み表/省エネ等級4
パフォームガードを利用した基礎断熱工法
パフォームガード 基礎外断熱10年保証
パフォームガード 注意事項
パフォームガード トップページへ
プラケン トップページへ